費用について確認する

これから弁護士に慰謝料請求を依頼するならば、どのくらいの費用がかかるのか注目しましょう。まず相談については無料のところを利用すれば心配する必要はありません。その他の費用としては着手金や日当、報酬などが必要となります。着手金というのはこれから仕事をしてもらうために支払うことになる費用のことです。日当というのは裁判所に出廷してもらった場合に1回ごとに支払うことになる費用です。そして最終的に慰謝料を得ることができたならば、そのうちの何割かを成功報酬として支払うことになります。

電卓どのくらいの費用がかかるのかは法律事務所ごとに異なります。また、上記以外の費用として実費が必要となるでしょう。交通費や通信費、印紙代などです。これらについては、たとえば契約時に手数料として支払うことが多いです。

それぞれの法律事務所ごとに独自の制度を用意しています。たとえば経済的利益をまったく得られなかった場合に着手金をすべて返還してくれたり、差額分を返還してくれるような事務所もあります。これから法律事務所を選ぶ際にはどのような料金や費用のシステムを用意しているのかチェックしておきましょう。良心的な設定となっていて、ちゃんとシステムについて説明してくれる事務所を選びましょう。